遺品整理のあれこれ

  • TOP
  • 遺品整理あれこれ-遺留品

遺留品

遺留品、という言葉は、「遺留品捜査」などというように、サスペンスドラマなどでよく耳にする言葉のようなイメージがあります。本当は、ドラマの中の犯人が現場に残していったものだけを指す言葉ではなく、遺品のことを指し示す言葉でもあるそうです。「亡くなった母の遺留品が…」というのは、「亡くなった母の遺品が…」というのと全く同じ意味です。さて、遺留品の整理の方法について、死別後はじめて直面して、どうしていいのかわからないという人が結構いらっしゃるようです。それでよいと思います。遺留品をどうしようか、考えたり悩んだりすることこそが、必要な喪の作業なのです。喪の作業、とは、心理の専門用語としてもよく教科書に出てくる言葉で、英語ではグリーフワーク(griefwork)と言います。死別などの深い喪失を体験した人が意識して行う、必要で、大切な、心の作業なのです。(griefという言葉は、もともとラテン語のグラビスという言葉から来ているそうで、もともと「重い・軽い」の「重い」を意味する言葉でしたが、それがフランスを経由してくるうちに「心は悲しみで重くなった」という意味に転じてきたそうです)遺留品の整理は、ゆっくり悩みながら行い、遺品整理の専門会社なども上手に利用しながら行うとよいでしょう。

遺品整理業者おすすめナビ一押し

おすすめ遺品整理110番

遺品整理110番

サイト名 遺品整理110番
URL http://tripperclub.com/
TEL 0120-220-175
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ