遺品整理のあれこれ

  • TOP
  • 遺品整理あれこれ-遺品整理遺品処理

遺品整理遺品処理

死別を体験したとき、深い悲しみにくれている人が行う心の作業を「グリーフワーク」(喪の作業・喪の仕事)と言います。グリーフ(grief)は英語で「喪失」、ワーク(work)は「作業」の意味であり、死別を体験したとき、この「グリーフワーク」の時間・機会を十分に持てた方がよいと言われています。そして、大切な人の形見、遺品整理は、遺品をただ処理するということではなく、グリーフワークとして、ゆっくり時間をかけて行うとよいと思います。手元に置いておくものと、処分するものを区別する作業は、亡き人と、あるいは、身近な人と亡き人について語り合いながら、行うとよいでしょう。私は、自分の大切な人が遺していったものについては、「遺品整理」=「遺品の“処理”」ではないということをしっかり認識してくれている遺品整理業者に遺品の処理をお願いしたいと思っています。遺品整理とは、遺品を単に処理することとは違います。遺品整理業者には、遺品を単に処理するということでなく、大切な人の形見でもある遺品を、丁寧に取り扱い、供養なども行ってくれるところがあるそうです。そこが、単なる不用品回収業者とは違うところです。遺品をどのように扱ってくれるのか、事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

遺品整理業者おすすめナビ一押し

おすすめ遺品整理110番

遺品整理110番

サイト名 遺品整理110番
URL http://tripperclub.com/
TEL 0120-220-175
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ