遺品整理のあれこれ

  • TOP
  • 遺品整理あれこれ-遺品処理

遺品処理

遺品処理は時間をかけておこないましょう。あまりにも早く遺品処理をしてしまった場合、後悔なさる方も大勢いらっしゃいます。人は死別を経験したとき、大きな悲しみを経験し、物事の判断がつかない、ショック状態、パニック状態、また「何も感じない」「悲しいという気持ちさえおきない」などの感情麻痺の状態になることがしばしばあります。この状態のことを、心理の専門用語では「悲嘆の反応」というそうです。人は、大きな喪失を体験すると、さまざまな心と体の状態の変化を経験するそうですが、とりわけ直後のご遺族が経験しやすいのが、ショック・パニック・感情麻痺の状態です(※ただし、これは人によるので、全く何ともない人もいらっしゃると思います)。しかし、遺品処理を時間をかけて行った方がよい理由として、この「悲嘆の反応」の存在を根拠にあげたいと思います。悲嘆の反応としての感情麻痺の状態のうちに、遺品処理をしてしまって後悔した方が大勢いらっしゃいます。遺品処理は、死別直後ではなく、少し時間をおいてから行った方がよいのです。死別という大きな経験をした、その最初の衝撃から、少しでも持ち直すのを待ってから、遺品処理はゆっくり時間をかけて行いましょう。

遺品整理業者おすすめナビ一押し

おすすめ遺品整理110番

遺品整理110番

サイト名 遺品整理110番
URL http://tripperclub.com/
TEL 0120-220-175
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ