遺品整理ナビ

  • TOP
  • 遺品整理ナビ-故人の遺志を尊重した遺品整理

故人の遺志を尊重した遺品整理

【故人に対する最後の供養としての遺品整理】

遺品の整理をすることで、故人との想い出を振り返りながら、最後のお別れをされる遺族の方も多数いらっしゃいます。
遺品整理に関しては、出来うる限り故人の想いや希望、意志を尊重してあげたいものではないでしょうか。そういった心遣いができた遺品整理は、故人にとってもいい供養となることでしょうし。しかし、ニュースでも騒がれているように老人の孤独死があとをたたない状況です。この孤独死という人知れず、最後の時をむかえてしまう悲しいケースが大変、多くなってきております。ご家族のかたが同居している状況ではこういった事はまず起こる事もなく故人の愛用品や想い出の品なども把握する事は可能ですが、こういった孤独死の場合それらを把握するのは一苦労であります。実際、遺品整理を行っていく上で始めて目にするものが出てくる事もあるそうです。

遺言を残す

「遺言」と聞くと、預貯金や不動産、はたまた高価な宝石など金品に関するものを連想されるのではないでしょうか。一般的な遺言については先述したとおり「財産分与」に関するものを記述する事が通例ではありますが、財産価値が低くても故人が特別な想いがあり遺族の方に知ってもらいたい、大切にしてもらいたいという品を「遺言状」に書き示すことは特に問題はありません。「もしも自身に何かあった場合、●●●を形見にあの人に譲渡してほしい」など希望内容を書き示しておきご家族のかたへと託されると良いでしょう。もちろん、遺言状を作成した場合にはその遺言状の存在をご家族の方にきちんと伝えておき、その時がくるまで大切に保管してもらえるよう伝えておきましょう。

ちなみに

ちなみにですが、「遺言状」には[自筆証書遺言][公正証書遺言][秘密証書遺言]の3種類がありますが、どの形式をとるかは本人の自由であり、どの形式をとって「遺言」という意味では効力は同じであります。

遺品整理業者おすすめナビ一押し

おすすめ遺品整理110番

遺品整理110番

サイト名 遺品整理110番
URL http://tripperclub.com/
TEL 0120-220-175
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ